FC2ブログ

ねこ、いいよレスキュー

動物愛護センターから引き出した高齢猫シェルターをオープンしました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

回復の兆し

9月22日、

具合が悪い子たちを動物病院に連れていき、

ステロイドを打ってもらいました。


それまでに幾度も病院へと車を走らせ、

治療を続けていたのですが、良くならず…


自力で食べられない2匹には、

強制給餌も1週間以上続けているのに…

食べられるようにならない、

もともと小さい体はより小さくなっていくし、

体力もなくなっていく。


最後の望みがステロイド注射でした。


病院に連れて行った夜~翌日の朝、昼、夕方になっても、

やはり食べませんでした。

しかし1匹は、食べたい気持ちは出てきている様子。(海ちゃん)


夜、鰹節をついに舐めた…!


その後はプリンピアの缶詰、

ロイカナのウエットと立て続けにモリモリと。


諦めてしまわないでよかった、 そう思った瞬間でした。

↓海ちゃん(右)
海ちゃん


今日も海ちゃんはモリモリと食べています。

体重も戻りつつあり、とりあえず少し安心。。


しかし海ちゃんと姉妹である'りんちゃん’は

未だ食べられず、強制給餌を続けています。


もし、助からない病気であるのなら、

無理に口の中に流動食を入れることなんて、

おそらくやめるでしょう。


でもりんちゃんには、まだ可能性がある。


ごはんの匂いを嗅いで、

食べたいような素振りを時たま見せるのです。

↓りんちゃん
りんちゃん


強制給餌はかなり根気が要ります。

「ごめんね、ちょっと頑張ろうね、」

「食べられるようになってほしいな〜」

「すごいね〜!飲めたね〜〜」

声をかけながら、ゆっくりゆっくり、

休ませながら、祈りを込めて。


'ミーナちゃん’、'小夏ちゃん’。

幸せになってほしかった保護猫たちが続けて亡くなり、

その寂しさ虚しさはまだ取れません。

しかし、今はとにかく、

目の前にいる具合の悪い子を助けなければ。

↓ビスコちゃん
ビスコちゃん


皆さまにお願いがございます。

最近、入院費や治療費がかさみ、

支援金が底をつきそうです。

少しずつでも構いません、

医療費をご支援いただけないでしょうか。

↓こちらをクリックしていただくと
 お振り込み先等のご案内があります。

ご支援のお願い


ご不明な点がございましたら、

メールフォームでご連絡下さい。

すでにご支援いただいている皆様、

本当にありがとうございます。

おかげさまで、猫たちを病院に連れていくことができます。


シェルターについては、こちらをどうぞご覧ください。
高齢保護猫シェルター設立

医療費のご協力をよろしくお願いします!!
保護猫ほしい物リスト
ウェットフード、猫砂が不足しております。


ボランティアさん常時募集中!!
お気軽にお問い合わせください。
ボランティアさん募集詳細

| 私たちの活動 | 23:00 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/10/01 10:40 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/10/01 18:01 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/10/03 06:22 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT