ねこ、いいよレスキュー

動物愛護センターから引き出した高齢猫シェルターをオープンしました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ボランティアの輪

3月28日

嬉しいメールがきました。



私のブログを見て、家が近いので支援物資をお届けがてら



我が家の猫達を見学させて欲しいとの事でした。



4月2日



私にお花と猫に支援物資を持って来てくださいました。



ちゃん・このお花元気がでるね!





フードもありがとう!!





お話を聞くとすでにたくさんのペットを飼っているという大の動物好きのAさん。



殺処分ゼロの活動に賛同して下さり、『仔猫のミルクやりなど…



なにかできることがあれば』と・・ボランティアのお手伝いを申し出て下さいました。



家族に、ワンちゃん1匹、ニャンちゃん3匹、



うさぎが1匹…きっと今だって十分にお世話に忙しい毎日でしょう。



そんな中でも、自分にも何かできないかと考えて下さったこと、アクションを



おこしてくださったこと、とってもありがたく思いました。



今、殺処分ゼロ運動は、マスコミに取り上げられることも多くなり、今まで



当たり前のように行われていた残虐な行為に、多くの人たちが疑問を



持つようになってきています。



わたしたちにできることは、まずは、自分のペットを大切にする。これが一番大事。



そして、ちょっとでもいい。プラスアルファのアクションをおこせたら。



『自分は殺処分を嫌だと思っている』という意思表明だって立派です。



みんなが『わたしもそうだ』と言えば、何か変わっていくと思いませんか?



さて、これから、Aさんと何ができるでしょうか。



センターに持ち込まれた17歳の三毛猫ちゃんのお世話をお願いしようかしら?



いま私が一番心を痛めている猫ちゃん里親さん募集です。







なぜ17歳にもなってこんな辛い目にあわせなければならないのか????







毎日面倒を見ているセンターの職員さんの苦しみは言うまでもない







シェルターについては、こちらをどうぞご覧ください。
高齢保護猫シェルター設立

医療費のご協力をよろしくお願いします!!
保護猫ほしい物リスト
ウェットフード、猫砂が不足しております。


ボランティアさん常時募集中!!
お気軽にお問い合わせください。
ボランティアさん募集詳細

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

| 今日の出来事 | 17:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nekorescue.blog.fc2.com/tb.php/404-151b9edf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT