ねこ、いいよレスキュー

動物愛護センターから引き出した高齢猫シェルターをオープンしました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

F・I・p ルーク発症から72日間 (昨年の悲しい出来事)

昨年の12月22日   下書しておいた記事なんです。



本日パソコン復活しましたよ~ 

3連休なのでブログ奮闘中

こんなに大きくなったのに・・・あんなに元気だったのに・・・







私の一番好きな写真





助けてあげれずにごめんね







7月4日・センターから引取り・・・



風邪をひいていた・上にいるのがルーク



 



姉は月の輪熊の赤ちゃんみたい兄はラグドールもどき



    



ママが熊子を選んでパパがラグを選んだの



    



里親宅ですぐにトイレに・・・これで安心



    



ルークは風邪ひきさんだから完治してからだね!



7月28日 

ブルドウザーことぶるちゃんが腸重積の手術後退院した。



ルークは元気一杯でぶるちゃんに跳びかかって遊ぶ。



ぶるはまだまだ遊べないの。



ルークには皆と仔猫のお部屋で過ごしてもらおうね。



9月10日 

朝ご飯チエック あれっ?ルークが食べない!



熱が凄い



すぐに獣医へ解熱とインターフェロン接種



熱が40,5度は異常だと先生



9月11日 

いまいち、元気がないインターフェロンと抗生剤接種



9月13日 

おかしい!元気がないインターフェロンと点滴



9月15日 

藤沢の先生に連れて行く レントゲンと血液検査



  先生はすぐにF・I・Pを疑った。



じゃあルークは死んじゃうのね



  先生は静かにうなずいた。



  今までF・I・Pの子を何度も看取っている・どの子も3週間だった。



  あまり苦しい風ではない・・・が遊ぶ子やじゃれる子はいない。



10月5日 

ルークは一進一退で私は毎日胸が苦しかった。



この頃ルークのF・I・Pはドライタイプだと理解した。



血便が出ていた時期もあってお別れのときが迫っているかと思った。



主人の膝の上がお気に入りだ。



ドライタイプは長くて2ヶ月と聞いている・・・重苦しい毎日が続いた。



11月3日 

この頃は足がすべってまともに歩けなくなってしまう。 

     

ご飯はスープ状の物を少しずつ主人が食べさせてくれていた。



11月10日 

2ヶ月が経過した。

私は2ヶ月生きていたら病院に行く事を決めていた。

   もしかしたら違う病気かもしれないからだ。



11月11日 

病院に行った。再検査とインターフェロン・ステロイドを接種した。



帰ってきてからのルークはおいしそうに沢山食べた。

それが尚可愛そうだった。ルークごめんね。どうする事もできないの。



11月19日 

もう歩く事もできずベッドに横たわっている。

早く向こうの世界に行きなさい!



11月20日

夜・最後の寝返りをさせてわかれを告げた。

助けてあげれずごめんね!



11月21日 

朝やはりルークは息絶えていた。もう苦しくないね





小さい頃のルーク・お膝でお友達とごきげん



    



ぶるちゃんとお昼ね(発症前)





    

早く特効薬ができる事を願う。





ポチっとお願い保護猫たちが喜びます

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ人気ブログランキングへ
にほんブログ村

        


シェルターについては、こちらをどうぞご覧ください。
高齢保護猫シェルター設立

医療費のご協力をよろしくお願いします!!
保護猫ほしい物リスト
ウェットフード、猫砂が不足しております。


ボランティアさん常時募集中!!
お気軽にお問い合わせください。
ボランティアさん募集詳細

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村 猫 ボランティア・保護活動 人気ブログランキングへ


| 未分類 | 15:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nekorescue.blog.fc2.com/tb.php/327-15c0dd47

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT