ねこ、いいよレスキュー

動物愛護センターから引き出した高齢猫シェルターをオープンしました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

7月28日 (腸重積という恐ろしい病気)

7月5日目のぐちゃぐちゃのキジトラ君を獣医に・・・

眼球に傷がついている。

(目薬はヒアレイン・冷蔵庫で保存する・1日4回ぐらいの点眼)



    



4日間はゲージに入れておいたが、仕事から帰ってくると

主人がゲージから出していた。

この夫婦は絶対ゲージから出してしまうのだ



見えなくてもボールで遊ぶよ僕楽しくって・嬉しくって



    



7月20日 朝がつがつご飯を食べるブルが元気がない・・・

落ち着かず身の置き場がなく苦しそう。



仕事から帰って4時に主治医に連れて行った。 

     

   熱はない・だから危ないのだ、



    まさか腸重積じゃないだろうな~・・・と心配そうに言った。



    エコーを見て先生は間違いなく腸重積だ!

    腸が腸の中にもつれて入ってしまい、

    手術以外手の手段は無いという。



   手術の費用はおいくらですか?



   14万~15万円です。

      

     先生はボランティアの先生ではないが、

     料金も特別高い訳ではないのだ。



     まだ小さすぎて手術に耐えられるか難しい・・・

            

家に連れて帰ってブルの苦しそうな状態で

私にいったい何ができるのだろう。



せめて苦しみから解放してあげたい!

安楽死・・・先生と相談した。

先生は余程の事がないかぎり安楽死はしない。



   わずかの希望があるなら、手術を!!

    (駄目でもかまいません)仔猫を預けて帰ろうとした。



   今日は無理ですよ!



   じゃあ何時ですか?



   明日9時に来てください。     



   ・・・もし生きていたら連れてきます。

      素人でも明日までもたないのがわかった・・・。



   無理かもしれないな~

    

家に帰ると、相変わらず身の置き場がなく苦しそうに動き回っている。



ブルッ~死なないで!



今すぐ診てくれる動物病院を探した。



主人もブルを心配して一緒に行った。1時間とばす・・・

     

  たまたま患者がいない。血液検査・レントゲン

  様子を見ている時間などない・すぐに手術すると言う

    

21日先生に電話

  手術は成功したが、手術中に呼吸が2回止まってしまったそうだ。

  腸の一部が壊死していて今まで一番凄い腸重積だった。

  まだ3日間は目が離せないと言う。

  小さな体で頑張ったんだね!

  誰だって生きていたいに決まってる。

    

24日先生から仕事中着信があった。   

  あぁ、あの仔は死んでしまったんだ!

  先生から電話が来ることは滅多にない。



  電話すると、今日 強制給餌したものを全部嘔吐してしまった。

  危ないかもしれない・・元気がない・と言う。

     

面会に行った。

生きているあの仔に会うのは最後かもしれない。

    

  ブル!!頑張るんだぞ!! 



  主人の声ですぐに起きてきて大喜びのブル



  ブルはゴロゴロ凄い・抱っこした。



  迫力のあったブル(ブルドーザーからつけた名前)の体重は

  800gから550gになっていた。



28日電話すると

  今日に退院しても良いという。やった~



  先生は申し訳なさそうに、費用が高くなってしまいました。

  ¥50,000です。と言った。



30日のブル こんなに痩せてしまった。



   



食欲もなくすぐに疲れて寝てしまう。



           



8月3日 手術後あまり元気がない



    



8月4日手足を延ばして寝るのはこの日初めてです。



    



まだまだ目が離せません。



先生、ブルを助けてくれて、ありがとう



     

ご支援、フォスターペアレントさんについては、

こちら をご覧ください。

よろしくお願いします。



ポチっとお願い保護猫たちが喜びます

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ人気ブログランキングへ
にほんブログ村



シェルターについては、こちらをどうぞご覧ください。
高齢保護猫シェルター設立

医療費のご協力をよろしくお願いします!!
保護猫ほしい物リスト
ウェットフード、猫砂が不足しております。


ボランティアさん常時募集中!!
お気軽にお問い合わせください。
ボランティアさん募集詳細

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


| 未分類 | 14:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nekorescue.blog.fc2.com/tb.php/319-3653b42e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT