ねこ、いいよレスキュー

動物愛護センターから引き出した高齢猫シェルターをオープンしました。

2016年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

又やっちゃいました…

17歳という高齢ながら、飼い主が施設入居の為



平塚の愛護センターに連れてこられてしまった三毛ちゃん



家族が連れてきたそうな・・・あと少しでしょ?あなたの親の最愛の猫ですよ!



最近、一番の気がかりでした。



センターに連れてこられたのが、3月16日。

高齢であるという事、そして、気位の高い三毛猫の性質。

大きな環境の変化は相当なストレスでしょう。



センターの係りの方から、『精神的ショックらしくかなり衰弱して点滴の毎日』

との報告がありました。



4月22日、

仕事を早く切り上げてすぐに保護しないと危ない土・日曜日を挟むと手遅れに』



いてもたってもいられず、センターへ



着いてみると、ガリガリの三毛ちゃんが。



自分の糞尿にまみれて、体も臭くなって『生きる気力を無くしている』



まさにそんな感じに思えました寝食も毛づくろいも、もうどうでも、何もやる気にならなかったのかな。。



帰りの車中



お顔も汚れてしまったね



膝に乗せて、ごはんをあげてみると、食べるじゃん!



後部座席で毛繕いしていますもう生きる気力でたよ~



家に着いて即シャンプー・ドライヤー風邪が心配でしたがちゃんと乾かせば大丈夫

やっぱり洋服は嫌がるか~





自分から脱衣所の棚に入って毛繕いです。ご飯もお水も・・・

  衰弱が酷く暫く様子を見ましょうね



シェルターについては、こちらをどうぞご覧ください。
高齢保護猫シェルター設立

医療費のご協力をよろしくお願いします!!
保護猫ほしい物リスト
ウェットフード、猫砂が不足しております。


ボランティアさん常時募集中!!
お気軽にお問い合わせください。
ボランティアさん募集詳細

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

| 未分類 | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

S・O・S・緊急・動物愛護センター里親さん急募

4月20日現在、神奈川県動物愛護魏センター(平塚)に保護されている

猫たちのご紹介です。



この子たちの他にも、もちろんたくさんの猫が収容されています



動物は飼い主をえらべません



↓NO.414 キジ白の男の子 2歳 去勢済み↓

元野良猫くん最近手で撫でられるようになったそう。

まだ2歳。おもいっきり走り回りたいさかりなのに、体の向きを変えられる位の、

何歩も歩けない大きさのケージに入っているんです。







↓NO.665 三毛の女の子 17歳↓時間がありません!

放棄理由は、飼い主さん施設入居。人好き抱っこ好きな子。

長年、家猫として可愛がられ、この歳での環境の変化。

プライドの高い三毛の性格をご存知の方なら、

どんなに耐え難いことか分かっていただけるでしょう。









↓NO.662 黒白の男の子 9歳 去勢済み↓

放棄理由は、飼い主さん死亡。人好きの子

こんなに可愛らしくて、人懐こくて…。

飼い主さんもさぞかし無念でしたでしょう。

ペットの寿命と自分の寿命、測りきれないことだけど、

自分にもしものことがあった時のこと

考えておかなくてはと改めて思いますね。







里親さん大大募集です。

家族として温かく迎えてくださる方、どうぞご連絡ください。


シェルターについては、こちらをどうぞご覧ください。
高齢保護猫シェルター設立

医療費のご協力をよろしくお願いします!!
保護猫ほしい物リスト
ウェットフード、猫砂が不足しております。


ボランティアさん常時募集中!!
お気軽にお問い合わせください。
ボランティアさん募集詳細

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

| 里親募集中 | 17:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボランティアの輪

3月28日

嬉しいメールがきました。



私のブログを見て、家が近いので支援物資をお届けがてら



我が家の猫達を見学させて欲しいとの事でした。



4月2日



私にお花と猫に支援物資を持って来てくださいました。



ちゃん・このお花元気がでるね!





フードもありがとう!!





お話を聞くとすでにたくさんのペットを飼っているという大の動物好きのAさん。



殺処分ゼロの活動に賛同して下さり、『仔猫のミルクやりなど…



なにかできることがあれば』と・・ボランティアのお手伝いを申し出て下さいました。



家族に、ワンちゃん1匹、ニャンちゃん3匹、



うさぎが1匹…きっと今だって十分にお世話に忙しい毎日でしょう。



そんな中でも、自分にも何かできないかと考えて下さったこと、アクションを



おこしてくださったこと、とってもありがたく思いました。



今、殺処分ゼロ運動は、マスコミに取り上げられることも多くなり、今まで



当たり前のように行われていた残虐な行為に、多くの人たちが疑問を



持つようになってきています。



わたしたちにできることは、まずは、自分のペットを大切にする。これが一番大事。



そして、ちょっとでもいい。プラスアルファのアクションをおこせたら。



『自分は殺処分を嫌だと思っている』という意思表明だって立派です。



みんなが『わたしもそうだ』と言えば、何か変わっていくと思いませんか?



さて、これから、Aさんと何ができるでしょうか。



センターに持ち込まれた17歳の三毛猫ちゃんのお世話をお願いしようかしら?



いま私が一番心を痛めている猫ちゃん里親さん募集です。







なぜ17歳にもなってこんな辛い目にあわせなければならないのか????







毎日面倒を見ているセンターの職員さんの苦しみは言うまでもない







シェルターについては、こちらをどうぞご覧ください。
高齢保護猫シェルター設立

医療費のご協力をよろしくお願いします!!
保護猫ほしい物リスト
ウェットフード、猫砂が不足しております。


ボランティアさん常時募集中!!
お気軽にお問い合わせください。
ボランティアさん募集詳細

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

| 今日の出来事 | 17:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キジトラ君、Fさん家の家族に。

2月24日に動物愛護センターにてご対面をしたFさんとキジトラ君6歳



去勢手術が無事終わり、いよいよFさん家にもらわれる日がやってきました。



『そうと決まれば、できるだけ早く出してあげたい』と言っていたFさん。

家族として迎え入れる準備は万全です今回のお届け係りは ちゃんにお願いしました。

3月4日、平塚の愛護センターから横須賀のFさん宅へ、キジトラ君を

大事大事に運びます





Fさん家では、大きなケージを用意してくれていました。

先住猫君と仲良くさせるため、いきなりのご対面はさせず、しばらくは

ケージ越しにお互いの様子を見させる作戦です。



キジトラ君、ケージに入るとすぐにベッドへ。

気に入ってくれたかな?

新しいお家だよ





呼ばれ慣れた名前が良いでしょうと、以前飼われていた時と同じ名前で

『バース君』とFさんは呼ぶことにしました。



そして、約一ヵ月後…バース君に会いに行ってきました

ケージは片付けられ、Fさん家の一番良いお部屋がバース君のお部屋に

なっていたのでした。

ブルーの後ろ姿の方が里親さんちゃん





まだちょっと先住猫君に遠慮がちなバース君だけど、家中を走り回るように

なる日も近いね!



センターから里親宅へ・・・ちゃん1日ががりで大変でしたがこの日幸せそうなバース君と再開し・・・



里親さんさえ見つかれば成猫でもこんなに幸せになれるですねと・・・



だが次々に持ち込まれる猫達は後を絶たない・・・



シェルターについては、こちらをどうぞご覧ください。
高齢保護猫シェルター設立

医療費のご協力をよろしくお願いします!!
保護猫ほしい物リスト
ウェットフード、猫砂が不足しております。


ボランティアさん常時募集中!!
お気軽にお問い合わせください。
ボランティアさん募集詳細

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

| 里親決定 | 15:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |